相続税が発生するケース

- Category - 相続事例

相続税が発生するケース

相続税がかかる相続には、次の3つのケースが有ります。

souzoku

特に誰に財産をあげるか「決めていない」。

相続先は法定相続人が対象となります。

ほとんどの場合がこれに当たります。

izou

誰に財産を上げるか遺言で「決めている」。

第三者も相続先の対象となります。

遺言で一方的に「誰に上げる」と決めている場合です。

siinizou

誰に財産をあげるか、契約で決めている。

第三者も相続先の対象となります。

渡す側、もらう側、ともに遺産の受け渡しについて表明しているケースです。