相続「しない」権利 相続放棄とは

houki

相続放棄とは、プラスになる財産もマイナスになる財産も一切相続しないことをいいます。

相続の対象は土地や不動産を含むプラスの財産の他に、借金などのマイナスの財産にも及びます。

一般的にマイナスの財産がプラスの財産よりも多い場合は相続放棄が選択されます。

この相続放棄には申告の期限があり、相続の開始があったことを知った日から 3カ月以内に家庭裁判所に申立てをしなければなりません。

この期間を過ぎた場合、単純承認を選んだとみなされます。

相続の放棄は、家庭裁判所が放棄について審判をすることによって効力を発揮します。

相続放棄が受理されると、相続放棄申述証明書が交付されます。

ひとたびその放棄が認められたなら、その相続人は初めから相続人でなかったとみなされます。

子孫への代襲相続もされることはありません。

・未成年の相続人が相続放棄するときは代理人が必要です。

相続人が未成年であるときに相続放棄をする場合、親権者等の法定代理人が代わり相続放棄の申述をすることになります。

このとき、親と未成年の子がどちらも相続人である場合、子のために特別代理人を選任してもらうことになります。

ただし、親自身も一緒に放棄する場合はその必要はありません。