役立つ「代償分割」

28b50ea198bc4e42e531bc43744c3f1a_s

☆代償分割

相続財産は法定相続人全員がそれぞれ法定相続分を受け取ります。

しかし、財産の中には不動産や会社の持ち株等のように分割するとのちのち揉め事になるものもあります。

このような状況のときに使われるのが代償分割という方法です。

●代償分割とは

代償分割とは、本来は分割する相続遺産を特定の人がまとめて相続し、相続した人が他の相続人にその代償として個人の資産から金銭等を渡すことで遺産を分割する方法です。
分割するとのちのち不都合なことになる不動産や持ち株を相続人のうち1人がまとめて相続し、本来の法定相続分に匹敵する金銭を相続した1人が他の相続人に分配することで相続分のバランスをとることができます。

例えば、夫、妻と長男が戸建てに、長女が別居、夫がすでに他界していて妻が死亡した場合。
長男と長女で遺産として戸建てを分割することになりますが、長男が住居に住み続けることを希望したため、長男が長女に分割分の代償を支払ってバランスをとるということです。

●代償分割の注意点
代償分割の際に、遺産分割協議書の中で代償分割を行うことを明記する必要があります。
明記しなかった場合は代償として渡された金銭が単なる贈与とみなされて贈与税を課税されることがあります。

また、生命保険を使って代償保険を利用する場合も注意が必要です。
代償分割で支払う現金を生命保険金で確保する、というのが相続対策としてよく言われています。

生命保険を利用した相続対策
この時の生命保険金の受取人の設定も重要です。

生命保険金はあくまで「受取人の固有財産」という扱いになるので、代償金を払う人を受取人にする必要があります。

もし代償金を受け取る側を保険金の受取人にした場合、その受取人は相続上は「相続していない」状態になってしまいます。