遺産分割方法を遺言で残す必要性

21
母親が亡くなってから2年経つのですが、
相続がなかなか進まないというご相談がありました。

内容をお聞きすると兄弟と紛争が起きているとのこと。
親の不動産に相談者がお住まいになっており、その住まいの評価が実際に売出すともっともらえるのでは?と他のご兄弟より話があってまずは不動産の査定を…。
他財産の預貯金については先に分割を行ってしまっているとお聞きしました。

相談者は不動産にそのまま住んでいくことを現段階では考えており、代償分割を考えているので多少の金額相談も受けるつもりでいましたが、すでに普通にはお話が出来ない状態になって、相談者としては兄弟間でこのような話になるとは思ってもいなかった…。
最悪は縁を切る事も覚悟しているとお話がありました。

財産の額をお聞きしましたが、相続税もかからない財産金額でした。
今回のケースでは今後もお互いに普通にはお話ができないような場合は、
調停、裁判を行う必要も考えられます。

このような事が起こらないためにも、
遺産分割方法を両親は遺言で残す必要があると思います。

遺産分割の為の査定書作成依頼も受けたまっておりますので、
お気軽にご相談ください。