相続した市街化調整区域の畑の事例

3

 

3

相続したのは藤枝市の郊外にある土地です。

ご相談内容は農家をやることもなく手入れも大変なので、なんとか処分したいとのことです。

 

市街化調整区域の土地の地目が畑、田または現況が同様の土地は移転、目的の変更等は農地法の許可が必要です。
売却しようとしても基本的には農家の方しか買うことはできません。

 

この方の土地の隣地の方がたまたま建設業を営んでおりました。
もちろん農家ではないので普通は購入することはできません。
しかし、その土地を利用するにあたっての明確な事業計画があれば特例で購入することも不可能ではありません。

 

そのためお話しを聞いて頂き購入の意思があることを確認し、土地の所在する市の市役所へ一緒に相談に行きました。
建設業のため、離れた場所に資材置き場が数箇所あり非常に不便である現状があり、隣地を購入することによって集約されるので是非進めたいとの意向です。

 

簡単ではありませんが、事業計画書を作成し農地法の許可がおりるように何度もやり直しようやく申請できました。

 

農地には必然として農業用の水路が隣接していることがほとんどです。
農地の転用によって使用しなくなった場合は関係機関に届出をして面積に乗して違約金が発生することもあります。

 

余談ですが、山が隣接している場合、以前は指定されていなかった土砂災害警戒区域または土砂災害特別警戒区域が順次指定されています。
その都度調査する必要があります。