相続物件が分譲マンションの場合

1

今回の依頼人は分譲マンションを相続した人からの相談です。

分譲マンションといっても賃貸中の物件です。

家賃は月10万円ですが、管理費、修繕積立金はオーナーが支払わなければなりません。

手残りは約8万5千円です。

さて相談はこのまま貸していた方がよいか、売却してしまった方がよいかという内容です。

1

まずメリットは賃料収益があり相続のため借入金がなく、毎月の収入が見込めます。

また鉄筋コンクリートのマンションであれば、減価償却が長くとれ利益の確保につながります。

デメリットとしては、入居者が退去してから新しい入居者がはいるまでの期間が長いと管理費等は自分で支払いすることとなります。

また、設備が痛んで補修費用がかさむ場合もあります。

また賃貸中の物件の売却は売買金額が収益還元法によっての査定となるために、空室物件と比べて安くなる傾向があります。

では入居者にでていってもらえばよいかという訳ではありません。

正当な理由がない限り退去をさせることはほぼできないと思ったほうがよいでしょう。

本件の依頼人は売却してお金にかえたいが安くなるのはいやだということだったので、賃貸を続けながら退去してくれるまで待ちその後売却ということで方向性が決まりました。

年間120万円の収益となりますので確定申告をしなければなりません。

今後収益物件を増やしていくつもりなら青色申告がメリットあります。

サラリーマンであれば給与所得との合算計算となります。

給与所得の高いかたは税率をあらかじめ調べたほうがよいと思います。