相続前に土地を贈与する場合の事例

sumi

sumi

今回は相続の発生はありません。

 

依頼人は相続発生の前にあとで争続にならないように相談にのってほしいとのことでした。

依頼内容は「相続人の中に相続をさせたくない息子がいる。相続が発生しても不動産、現金などはあげたくない。」
理由は数年間で大金をあげていて、親の面倒は一切見ず、お金がなくなった時だけ帰ってくるとのことです。

 

相続人は二人、息子さんと娘さんです。
面倒をみてくれている娘さんに自宅と自宅の隣の駐車場を相続させて本人が生活に困らないようにしてあげたいということでした。

 

相続が発生すれば間違いなく争続となるような案件です。

遺言書を残しても遺留分で請求されることもあります。
生前に贈与して名義が変わってしまえば相手も諦める可能性が大です。

 

まず相続税が発生するか簡易計算します。
これにはほぼ該当しないことがわかったので、相続時精算課税制度を使い生前贈与をお勧めしました。

 

簡単に説明しますと2500万円まで贈与税がかからないという制度です。

年齢制限などはありますが、該当すればこの方法が一番いいです。

 

また念のために遺言を作成しておくこともお勧めし、司法書士をご紹介しました。